Skip to content

日本語教師の資格を取得するメリット

日本を訪れる観光客が激増する中で、日本に興味を持って日本語を学びに留学しにくる外国人も増えており、そのような外国人向けのビジネスも増えています。政府も日本への留学を呼びかけていることから、これからもっと外国人の訪日が増えると予想されている中で、今後も需要が増すと考えられるのが日本語教師の仕事です。

日本語教師になるためには、試験に合格するか、日本語の指導方法に関する訓練を一定期間受けることが必要ですが、いずれかをクリアすれば一生使える資格を手にすることができます。

日本人であれば誰でも日本語を話すことができますが、教えるとなると、日本語の仕組みを学ぶ必要があるので、一定期間集中して学ぶことが必要です。日本語教師の資格があれば、フルタイムで教えることも、育児をしながらパートタイムで教えることも、更には自宅で学校を開業することもできるなど、様々な道を開いてくれます。

資格があれば、日本だけでなく、海外の教育機関や企業で日本語を教えることもできるので、日本国内だけでなく、外国でも様々なキャリアを開くことができます。また、発展途上国への支援の一貫として日本語を教えるというプロジェクトもありますので、国際協力の一端を担うこともできます。

仕事は大変なこともありますが、自分が教えた生徒が日本語を使って羽ばたいてくれる可能性を考えると、大変やりがいのある仕事ですし、国内に限らず世界中で活躍できる可能性を秘めた資格ですので、多くのメリットがあると言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です