Skip to content

東京の学校で日本語講師を目指す

日本語講師は、昔から人気がある仕事です。小学校や高校で授業を行う教師と違って、教員免許を取得する必要はありません。日本語講師になるのに必要な資格はないので、誰でも日本語講師になることができるのです。

ただ、専門性が求められるため、採用する学校では、採用条件を設けています。大学や短大などで日本語教育を勉強した人や、日本語教師の養成プログラムを終了した人など、日本語を指導する能力が一定のレベル以上ある人が求められているのです。

日本語学校で学ぶと同時に、日本語の指導方法についても正しい知識を有している必要があります。東京には、多くの学校があります。東京は、民間のスクールが多く、東京以外の県からも学びに来る人が少なくありません。民間の学校で日本語を教えたい人が学校に応募してきた場合、日本語教育能力検定試験の合格を条件にしている学校が多いです。また、4年制大学で日本語教育を学んでいる人は採用の選考で有利になります。日本語の講師は、人気があるので条件が良い求人は競争率が高いです。

日本語を教えるには、日本語についての深い知識が必要となりますが、講師として採用されるには、教育経験やコミュニケーション能力、人柄なども重視されます。日本語講師を目指している人は、多くのことを学ぶ必要があるのです。
未経験の場合、国内の教育現場で働くのは競争率が高いですが、海外であれば、未経験者でも採用されるケースが少なくありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です