Skip to content

日本語教育能力検定に向けて

日本語教師を目指している方の唯一の資格が日本語教育能力検定です。

または、専門の学校に通い420時間の講義を受講することで同等の知識を得たと見なされます。ですが、学校に通うと学校によりますが、100万円以上はかかると見込まれます。できるだけ費用を抑えたい方は、または独学でも頑張れる方は検定試験を受けることで、安く資格を得ることができます。

ですが、実際に教える実技演習はできないため、教え方の指導も受けたい方は学校に行くことをおすすめします。日本語教育能力検定の協会や某有名な資格学校から、試験対策の本が出版されていますので、そちらをまず目を通してどのような内容か確認しましょう。少なくとも4センチはある厚みの本ですので、読み切るために気合いが必要です。

また、様々な項目がありますが、各々の項目に特化した本も出ています。ご自身がもっと知りたい、その本だとあまり理解ができなかった場合はそちらもサブ教材として使用してください。日本語教育能力試験自体はほとんどがマークシートで、最後に記述が2つほどあります。

ですが、マークシートで基準の点数を獲得していないと記述の内容は一切点数に加味してもらえません。ですので、まずはマークシートで確実に点数をとることが重要です。選択式だから運がよければ点数がもらえる可能があると、考えていると甘いです。

問題の内容はきちんと理解していないと答えられないような内容になっています。合格に向けて、しっかり勉強しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です