Skip to content

日本語教育能力検定の合格を目指した効果的な学習方法

日本語教師として働きたいと思う場合に必要となるのが、日本語教育能力検定に合格していることでしょう。

そのためには、効果的な学習方法を取り入れることが必要です。日本語教育能力検定に限らず、他の試験に関しても言えることですが、まず本格的な学習を始める前に過去問を見ておくことができます。しかしここで注意しておきたいのは、学習を始める時点で過去問を一つひとつ解こうとする必要はないということです。

難しくて学習する気持ちがそがれてしまうことがあるからです。この段階では、過去問を一通り概観して大まかな範囲を知る程度にとどめておきましょう。一般的に言って、日本語教育能力検定は出題範囲が非常に広いため、その範囲すべてを学習しようと思うとかなりの時間を要するものです。

そこでお勧めなのは、試験のポイントを押さえた本を使って、まずは広く浅く一通りを学習してみることです。一通り見てみたら、今度は問題集を解いてみることができます。もちろん色々な問題集がありますが、詳しい解説付きのものを選んで勉強するなら、しっかりと知識を取り入れていくことができるでしょう。

さらに、より詳しいテキストをしっかり読み込み、これまで取り入れた知識を頭の中できちんと整理することができます。ここまで学習してきた段階で、日本語教育能力検定の過去問を解いてみて、自分の実力を試してみることができるでしょう。

その後再び、問題集を解いてみますが、その際、一周目に間違えた個所に印をつけておき、二周目には間違えた個所だけを解くようにするなら一層効果的な学習ができるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です