Skip to content

日本語講師は東京以外でもなれる

学校に行って資格を取れば、日本語講師として働けるようになります。働く場所は、東京が一番適しているでしょう。東京は外国人の数が多いので、日本語講師に対する需要が高いです。東京だったら、全日制の学校に通って日本語講師になるのが一番確実な方法です。

時間とお金が必要になりますが、短期間のうちに集中して学べるので、実際の仕事を始めてから役立つことが多いです。東京には、通信制の学校もあります。こちらに行っても構いません。その場合は、自分のペースで勉強できるメリットがあります。学校に行って資格をとったら、働く場所を探さなければなりません。東京が一番適していますが、それ以外の場所を探すこともできます。見つけやすいのは、都市部です。

大阪や名古屋でも需要があります。特に豊田のような外国人が多く働きに来ているところだったら、この仕事に対する需要は高いと言えます。地方でこの仕事を探すのは、難しい場合があります。特に人口の少ない地域だったら、見つかりにくいです。

ただし、県庁所在地だったら、見つかることがあります。フルタイムの仕事とというより、アルバイトやパート、契約社員の仕事になります。海外で働く方法もあります。若い方だったら、日本語学校の講師これがお勧めです。発展途上国を中心に日本で働きたいと言う意志を持っている人の数は少なくありません。

そんな人たちに、日本語を教えます。お金を多く稼げるとは言えませんが、生きがいを感じられる仕事です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です