Skip to content

日本語教育能力検定とは

日本語教育能力検定とは、日本語教師になりたい人達や、日本語教育能力がどれくらいあるのか、検定によってチェックをしたい人達のための試験です。

公益財団法人日本国際教育支援協会が実施をしています。日本語教師になるためには、この検定が資格になるのではありませんが、この検定に合格をしていると、社会的に信頼され、仕事が出来る機会が増えるようになります。日本語教育能力検定は、年に1度、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡で行われています。

4ヶ月くらい前から、出願が出来るようになっていますので、試験日程を知り、出願に備えて準備をすることが必要になります。試験は、三部構成になっています。まず最初の90分では、日本語教育の基礎的知識を問われます。

第二部では、30分で、音声を媒体とした問題を解くようになります。第三部では、120分で、日本語教員として現場で対応出来る能力を身につけているか、基礎的な問題解決能力を問われます。合格率は、20%くらいですが、出題範囲が広くなっていますので、日本語教育についての幅広い知識が必要になります。

リスニング試験に対応出来るような勉強方法も必要になります。独学で試験勉強をする人達もいますし、この試験のための講座を開講している専門学校等に通い、受験にのぞむ人達もいます。年齢別では、50歳以上の人達が多くなっていますので、年齢を気にすることなく、受験をすることが出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です