Skip to content

東京で見つかる、日本語講師養成学校

日本へ訪れる外国人は年々増加し、観光だけでなく留学や仕事で長期間滞在する人も多くなっています。

そんな人たちが通う日本語学校は東京など大都市を中心に全国各地に存在しています。ここで重要な日本語講師ですが、一般的に言われる「学校の先生」や「教師」とは違って、国家資格ではありません。誰でも努力次第で日本語講師になれるのです。

海外で働く場合は必ず資格が必要なわけでなく、例えば日本語や現地の言葉の能力が高くその土地で採用されればそれでOKという場合もあります。日本で外国人へ向けて日本語を教えるためには、日本語教育能力検定試験を合格するか、日本語教師養成講座を420時間受けることが条件となってきます。

東京には日本語講師を目指す人のための専門学校が多く存在します。各学校に独自の養成講座を420時間以上受けるしくみが整っていて、基礎から実践まで日本語講師に必要なノウハウを学ぶことができます。

子供のころから国語が得意だった人、本を読むのが好きな人、学校の先生になりたかった人など、学歴や年齢も関係ないのでやる気があれば必ず叶うチャンスが多い職業と言えます。東京は世界各地から最も人が集まるエリアなので必然的に日本語を学習したい外国人が多くなり、またこれからもどんどん増え続けると考えられます。

将来へ向けても必要とされる職業であり、海外で働きたい人にとっても取得すればとても有効な能力です。日本語講師の資格を持っている事は、日本でも世界でも職を得るための絶好のアピールポイントとなるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です