Skip to content

東京オリンピックを前に高まる日本語講師のニーズ

ベトナム・タイ・ネパール・インドネシアなどの東南アジア諸国からの日本や東京への憧れは高く、日本の文化を少しでも知ろうと考える人は大変多い状況が続いています。

これら各国からの海外実習生の来日も多くあり、日本で働く際に有利になる日本語の習得に熱心な人も多数存在します。昼は日本語の勉強をし、夜は日本の企業で働くケースも多く見られます。

しかし高い習得ニーズに対して、日本語を教える講師の数は少なく、多くの日本語講師の養成が待たれるところです。日本語講師になる一般的なルートは養成講座に通うことで、東京をはじめ、全国各地で日本語学校や資格系のスクールが開講されています。

日本語教授法や文法・音声などの理論科目、実際に教壇に立つための実技科目の合計420時間を修了すると、日本語学校などへの応募条件を満たす有資格者とみなされます。

養成講座の期間は半年~1年ということが多く、かかる費用は50~60万円が一般的です。他には大学・大学院での日本語教育主専攻・副専攻を修了するルートや日本語教育学会による、日本語教育能力検定試験に合格するルートもありますが、多くは東京などで開講しているスクールに通い、日本語講師の資格を得ています。

日本語講師になると海外からの外国人に日本で教壇に立つことができるようになりますが、海外の企業で教壇に立つことも可能になり、海外を股にかけたビジネスが展開できるようになります。

東京オリンピック開催からも、各関係団体からの引き合いが増加することが予想されます。現在は決して給与などの待遇は良いとは言えないかもしれませんが、高いニーズがある限りこれらは改善されて行くと考えられます。

今の内に日本語講師の資格を修得し、グローバルな働き方が可能なように準備しておくことは有意義なことだと考えられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です