Skip to content

日本語教師の資格試験について

日本語教師は日本語を母語としていない外国人などに日本語の会話や文法などを教える役目を果たしています。

日本国内のほか海外にも日本語学校は数多く存在していますので、こうしたところに就職するのが日本語教師を目指している人々にとっての近道です。ほかにも国内の大学の留学生センターなどが日本語教師を募集している場合もあります。

このような日本語教師という立場は法律上に明記されたものではありませんので、弁護士や看護師などのように厳密な国家資格が必要となることもありません。しかし実際のところは採用にあたっていくつかの資格要件が課せられているのが普通です。

一般に目にするのは日本語教育能力検定試験に合格していること、または大学などの高等教育機関で420時間以上の日本語教育に関するカリキュラムを履修していることなどが挙げられます。

日本語教育能力検定試験は毎年1回行われているもので、受験そのものは誰でも自由にできますが、出題範囲は言語学や教育学、社会学など幅広い分野にまたがっているため、しっかりとした教育を受けていなければ合格することは難しいといえます。

国語の教職課程を履修した人が受験するケースも多くみられますが、外国人に日本語を教えるスキルと、日本人に日本語を教えるスキルが異なるのは明らかですので、やはり専門的な学習をしておくことが不可欠です。

合格率は2割程度と資格試験のなかでは高めですが、大学の専門課程を履修した人が受験しているケースを考慮する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です