Skip to content

日本語センター東京本校は日本語講師を養成中です

日本語講師になるためにまず必要なのは、しっかりとした講師となるための技術を教えることができる専門の学校に通うことでしょう。

言葉の専門家としての「日本語の知識」と、日本語を「理解させるための技術」このどちらが欠けていても、プロの日本語講師になることはできません。日本語センター東京本校の講座では、プロとして活動していく上で必要な知識と技術の両方を、バランス良く学び身に付けられるように教えていくようにしています。

特に講師が必要な技術を伝授してくれるのは、今も第一線で活躍しているベテラン日本語講師ですが、自分の経験を通して習得してきた「分かりやすく」「楽しい」教え方で、すぐに使うことができる技術を伝えています。

講座は少人数制なので判りやすい講義をしながら、しかし責任をもってプロになるための知識と技術を習得させます。受講は週1回のペースで余裕があるため、仕事を持っている人や子育て中の主婦の人でも無理なく通うことができて、今の生活との両立が可能になります。

学習サポート制度では講座を欠席された場合には、次の授業までに自宅で補講できるシステムがあるので講座の遅れなどの心配はありません(無料です)。日本語センター東京本校では、外国人日本語研修の専門機関としての役割のもと、受講生を当センターの教員に登録することにより将来の日本語講師としての活躍を後押ししています。

日本語講師の現場で求められている教える為の技術を身に付けて、東京だけでなく世界中の人に日本語を教えることができるように頑張っていきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です