Skip to content

東京で日本語講師の仕事をしたいなら

将来、東京で日本語講師として働きたいと希望を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本に来た海外の方を助けることができる仕事に就きたい、日本の良さを来日した方たちにわかってもらいたい、また過去に海外の方にお世話になりその恩返しの意味も込めて何か貢献したいなど、理由はさまざまと思われます。

単純に日本語を教えることが好きだといった方もいらっしゃるでしょうし、海外の方とのふれあいを求めている場合もあると考えられます。では、東京で日本語講師の仕事をするためには、どのようにすればよいのでしょうか。日本語講師として働く場合、基本的には教員免許は必要とされていません。

とはいえ採用基準として、一定の条件が提示されていることがほとんどとなります。東京で日本語講師として働く場合には、大学や企業の講師や、民間の会社が運営している日本語学校といった働き先が考えられます。

それぞれに採用基準が考えられるため、どこで働きたいかによって取得すべき内容が異なる場合もありえます。具体的な資格は、日本語教育能力検定試験や日本語教師養成講座420時間修了といったものがあげられます。

また、大学などで教える場合には、学歴で4年制の大学で日本語教育課を修了している条件が加わる場合もあります。420時間の日本語教師養成講座を提供している場も多くあるため、志している場合にはできることを確認しながらか資格取得を目指すとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です