Skip to content

東京には日本語講師養成学校が沢山ある

日本語講師の役割は日本語学校などで日本語を母国語としていない人達に対して日本語を教えるだけではなく、日本で生活して行くために知っておくべき決まり事について教える必要があります。

そのためただ日本語だけを教えれば良いと言う訳ではないので、日本語講師になるには日本語教育能力検定試験に合格するなど必要な要件を満たす必要があります。最近では日本語講師として働くことを希望している人が沢山いますが、そのためには養成講座などに通ってしっかりと知識を身に付けて検定試験に合格する必要があるのでこの点に関してよく確認することが大切です。

東京にも日本語講師養成講座を設けている学校が沢山ありますが、学校によって教え方が違いますし料金も変わって来るので通学することを考えている人は学校のホームページなどをよく確認することが重要です。

東京の場合は駅の近くに学校がある場合が多く比較的通い易いのが大きな特徴ですが、その分受講料が高いところもあるので注意が必要です。またサポート体制が充実しているのかなどよく確認した上で通うところを決めるようにした方が良いです。

もちろん東京だけではなく全国各地に日本語講師養成講座を設けている学校が沢山あるので、地方に住んでいる人も気軽に通学することができます。中には卒業後の進路について丁寧にサポートしてくれるところもありますし、専門のコンサルタントが在籍している学校もあります。

ですからこれから学校に通って勉強することを考えている人は、どこに通うのが自分にとって良いのかよく考えてから入校するところを決めるようにした方が良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です