資金調達にはファクタリングをおすすめします

subpage01

ファクタリングは金融機関などからの融資と異なり売掛債権という一種の資産を売却する契約です。


負債ではないので貸借対照表に影響せず、経営上の負担になることがないのでおすすめできます。

実際にサービスを利用する際に審査されるのは自社ではなく売掛先の信用や業績、債権の存在です。

金融機関などから融資を受ける場合のような与信調査や信用調査は行われず、信用情報へのアクセスもないので安心してサービスを利用できます。


企業が赤字決算や債務超過の場合には金融機関などから融資を受けるのは困難ですが、ファクタリングならば可能です。


財務状況が悪化しており金融機関などからの融資を見込めないような場合には、ファクタリングを利用するとよいでしょう。

気軽におすすめのファクタリングのココだけの話をしましょう。

融資ではなく売掛債権の譲渡であり自社の財務状況に関わらず素早く安全に資金調達ができるのでおすすめです。



一般的にファクタリングは手数料が高いと考えられていますが、実際には3社間取引を利用すればコストを抑えることができます。


2社間取引の場合には利用者が売掛金を回収してファクタリング会社に支払わなければならないため、貸し倒れリスクがあり手数料が割高に設定されています。



しかし3社間取引ならば売掛先から直接的に支払われるので貸し倒れリスクがなく、手数料は低めに設定されるのが通常です。


手数料の相場は2社間だと売掛債権額の6%から40%ほどですが、3社間だと1%から5%ほどとされています。


なるべくコストを抑えて資金調達をしたいのであれば、3社間取引を利用するのがおすすめです。